あいみくワーママエンジニア

ワーママエンジニアです。子育て世代に役立つ情報を発信しています

Unityからphotonにアクセスしてチャットを作ってみた

来週に迫ったCEDECでphotonのセッションが多く、

photonの存在を始めて知ったのでチャットを実装してみました。

 

 

大まかな流れ

1.  Photonに登録

2.「Photon Unity Networking」のアセットをインポート

3. 「PUN Wizard」で1で登録したアプリケーションIDを設定し接続テスト

4. 「RandomMatchmaker」でPhotonで接続

5.  床を作成

6. 「InRoomChat」でチャットに接続

7.  実行してチャットが表示されることを確認

8.  WebPlayerでビルド

9.  複数ブラウザを起動して実行

問題がなければ1時間もしないで実装ができます。

私はところどころハマッてしまったので、少々時間掛かりましたが、

詰まったところも含めて手順を纏めます。

 

1.  Photonに登録

https://www-jp.exitgames.com/ja/Realtime

・上記URLにアクセスしてメールアドレスを送信

・受信したメールからアクセスしパスワードを設定

・登録した時点でRealtimeのアプリケーションが登録されます

※私はChat用のアカウントを作って次の工程で設定してしまい接続できずハマりました。RealtimeでChatも接続できるのでChatのアカウントは不要です。

 

2.「Photon Unity Networking」のアセットをインポート

Unityを開きWindows > asset storeで「Photon Unity Networking」で検索しインポートします

 

3. 「PUN Wizard」で1で登録したアプリケーションIDを設定し接続テスト

・インポート後「PUN Wizard」が表示されるのでsetupをクリック

・1で登録したRealtimeのアプリケーションIDを入力してjpを選択してsaveします

→saveしてsuccessと表示されればOK

※「PUN Wizard」表示されない場合は、

Alt + p か Windows > Photon Unity Networking > PUN Wizardで開きます

 

4. 「RandomMatchmaker」でPhotonで接続

・GameObject>Create Emptyで空のゲームオブジェクトを作成
・空のゲームオブジェクトを「PhotonScript」と命名

・Add Componentで 「RandomMatchmaker」を検索して追加

 

5. 床を作成

4.でキャラが落ちてくるので床を作ってあげます。

cubeのオブジェクトを作成し、広げる

 

6. 「InRoomChat」でチャットに接続

・GameObject>Create Emptyで空のゲームオブジェクトを作成
・空のゲームオブジェクトを「Chat」と命名

・Add Componentで 「InRoomChat」を検索して追加

 

7.  実行してチャットが表示されることを確認

実行したら接続している文字がでて、チャットが表示されるのでそこまでできたらOK

 

8.  WebPlayerでビルド

File > Build Setting > Web PlayerでBuildする

Androidで確認したくてAndroidでビルドするとProした出力できなかったようです。

それで一回諦めて後で考えたらWeb Playerでよくなくないってなって少しはまりました。

 

9.  複数ブラウザを起動して実行


出力されたhtmlを複数のブラウザで起動してチャットを送信し別のチャットで表示されていることを確認できればOK

無事実装できたらコメントかスターくださいな!!

 

参考URL

【Unity】PhotonCloudでチャット実装 (入門編) | Realis Application System

Unity+Photonでネトゲの基礎を作る - Unity Space

 

最後に

役に立ったと思ったら、フォロー、スター、はてなブックマークして頂ければ幸いです。