あいみくワーママエンジニア

ワーママエンジニアです。子育て世代に役立つ情報を発信しています

UnityでのiOS対応(64bit対応)

今回は、UnityでのiOS対応について書きたいと思います。

 

apple developerのライセンスを購入してから早1年。更新時期にきて、iOSアプリリリース本数0本。

 

1万近く無駄にしてしまいました。4月に育休復帰してからというもの、子供の体調不良で2週間休み1回、1週間休み3回。あと数日の休みをちょこちょこですっかり戦力外になってしまった私は、期限のないiOS対応を任されることになりました。

 

webviewのゲームなので、基本更新はなく、64bit対応や、ats対応が必須となるので、その対応です。自宅開発で、macの扱いとXcodeのエラーを解決できず止まっていたので、ちょうど良い業務でした。業務て対応したおかげで、なんとか自宅でもiOSアプリをリリースできたので、その辺りをまとめたいと思います。

iTunes Connectでアプリ登録

apple Developerになるためには、年間1万ちょい(変動します)支払いして登録します。

登録したらiTunes Connectのメニューに行き、新規でアプリ登録をします。

今回は、自分が詰まった設定項目について書きます。

バンドルID これは、Unity側のBundle Identiferと合わせる必要があります。

Player Settingsの[Other Settings]-[Bundle Identifer]に英字で任意の名前にします。

例えば、jp.co.aimk65.xxxxとか、他のアプリとかぶらないようにします。

 

f:id:aimk65:20161209123329p:plain

・年齢制限指定

こちらも、見逃しがちな項目で、編集をクリックしてアンケートに答えます。

f:id:aimk65:20161209124110p:plain

・画像

端末毎にスクリーンショットが必要なので、最低でも、5.5インチと12.9インチが必要になります。他のサイズは、5.5インチの画像を使用できますが、チェックをつけてないとエラーになり、一見エラー箇所が見えない場合があるので、エラーがある場合はこちらを見直してください。

f:id:aimk65:20161209123729p:plain

 

 

Unityの設定

Scripting Backend

Unity側のPlayer Settingsの[Other Settings]-[Scripting Backend]をIL2CPPにします。これは、C++でビルドする設定だそうです。

 

f:id:aimk65:20161209120546p:plain

【Architecture】

Player Settingsの[Other Settings]-[Architecture]をUniersalに設定。これは、32、64bitを混合させる設定だそうです。

f:id:aimk65:20161209121008p:plain

設定したらBuild And Ranで、Xcodeを起動させます。

 

XCode側の設定

【Display Name】Team】

GeneralのDisplay Name は、Unity-iPhoneとなっていることがあるので、

アプリ名に名前に変更。

Teamは、登録されているアカウントを選択

f:id:aimk65:20161209121427p:plain

【Architectures】

Build SettingsのArchitecturesで、「Standard architectures(armv7,arm64)」を選択

これが64bit対応の設定になります。

f:id:aimk65:20161209121809p:plain

 

XcodeでArchive

実は、これができてなくてなかなかうまくいかなったポイントです。.NETのVSに慣れてると、Build通ればOKと思っていたからこれをしてなくて、64bitの設定が反映されず、昔のArchiveで申請しててエラーになってました。

 

ビルドが通ったらProductのArchiveをクリックします。

 

f:id:aimk65:20161209122314p:plain

Archiveが完了すると下記の画面になるので、日付が最新か確認したらUpload to App Storeクリック。そこから認証ボタンをクリックしたりして、検証オッケーならUploadされます。

※表示されなかった人は、WindowのOrganizerをクリック

f:id:aimk65:20161209122430p:plain

 

Upload to App Store ではエラーが出たりアップロードできない場合があるので、その場合は、Xcode 送付のApplication loader を使用します。

 

Archive した後、Save for Enterprise or AdHoc Develoyment で Export してipa を任意の場所に保存します。

 

device を聞かれるので、allを選択 Next

※時間がかかります(10分〜30分くらい)

 

ツールバーXcode Open Developer Tool Application loader をクリック

※最新のApplication loader でないと正しくアップデートできない事があるので、その場合はXcodeのバージョンをあげてください。

id/passを聞かれますが、二段階認証をしている方は入れない場合があるので、下記を参考にしてログインしてください。

XcodeにApple IDのパスワードを入れても受け付けなくなった | MUSHIKAGO APPS MEMO

 

ipaを選択→次へ→処理(App 分析認証素材を検証中アップロード)次へ終了